素早く丁寧にバンパーの擦り傷を修理してもらうには

車の前方や後方にバンパーが付いています。バンパーの役割としては、障害物の接触した際に最初に触れる部分であり、車にとって重要な部品や車体の破損などを守るパーツです。常に綺麗で、破損がない状態が望ましいです。そこで万が一修理が必要になった際は、どのような方法で対応したらいいでしょうか。実際バンパーの状態によって対応が変わります。えぐれやヒビ・割れなどは、修理か全交換になるケースもあります。擦り傷やひっかき傷は、修理や部分塗装などで色合わせをして修理対応をします。修理対応によっても、修理費用も変わります。まずは、ディーラーや修理専門業者で見積をしてもらってから、迅速に対応してもらってください。WEBサイトによっては対応目安から金額目安まで掲載している所もあります。参考までに一度見てみるのもいいでしょう。

バンパーについた擦り傷の修理方法

車のバンパーに傷がつくことはよくあります。駐車する際や段差を乗り上げてしまった時などに、擦り傷となってバンパーに傷がいってしまいます。そこで修理が必要となり、ディーラーや専門の修理会社へ見積をしに行くことでしょう。そこで、今回はそのような時に必要なことについて解説します。今回は擦り傷の修理についてです。擦り傷といっても2つに分類されます。傷を削って綺麗になる浅い傷か、もしくは傷を削ってパテが必要なくらい深い傷かです。浅い傷の場合は、削って塗装をするのみで終わります。深い傷の場合は、パテを使用しながら、削りすぎて薄くならないように調整して行います。また、削ってから塗装を行います。塗装に関しても、部分塗装・全体塗装があります。バンパーを付けながら修理を行うかによっても変わってきます。

バンパーの修理費用と頼れる修理業者

先ほど修理方法について解説しましたが、次に費用についての解説です。パンパーを着脱するかで費用は変わりますが、擦り傷の修理で一般相場価格は、20000円からです。ディーラー価格は、40000円からです。バンパー一つのパーツでもこのくらいの費用がかかります。修理費用で慎重になってほしいのが、自動車保険の適用です。ここで少額であっても自動車保険でカバーをしてしまうと、次年度から保険料が上がってしまうケースもあります。その場で支払うことはなくても、あとから損をすることもあるので注意が必要です。どうしても使用する場合などは、一度担当者と相談することをオススメします。擦り傷以外でも修理が必要な場合は、まずは車を購入したディーラーに確認を取るのが賢明でしょう。きっちり、親身になって対応してもらえる修理業者を選択することが一番の判断です。