バンパーについた擦り傷を安価で修理してくれる業者の探し方

自分の車のバンパーの擦り傷修理を依頼するならば、修理工場・ディーラー・板金屋などがあります。どの位の金額で修理を依頼出来るかは、実際に損傷した箇所を見てもらい、見積もりしてもらう事が必要です。業者に依頼すると、プロ仕様の道具を使用して、技術料もかかるので自分で修理する事と比較すると、高額にはなります。ディーラーにて修理を依頼すると、外注業者に委託するケースになるので、修理工場や板金屋に比べるとさらに高額になります。自分では小さい傷や損傷範囲が狭いと思うものでも、1000円~15000円程度の費用がかかり、大きい傷になると、安くても30000円以上はかかると想定しましょう。業者によって、見積もり金額に差が出てくるので、複数の業者に見積もり依頼して検討をする事がお薦めです。

車のバンパー修理費用は、依頼業者によって変わります

車のバンパーの擦り傷は、小さく浅めについた擦り傷でも意外と目立つ為に、修理をする人が多いです。しかし、塗装部分に損傷した異物が付着していたり、浅めの傷が入っているだけの場合が多いです。これだと、コンパウンドで磨くだけでキレイになる事もあります。コンパウンドは、サンドペーパーの研磨剤です。目がとても細かいので、傷に合わせた適量を布につけて、傷を擦るように使用すると、小さい浅い傷だと目立ちにくくなります。しかしながら、素人がするには限界があります。キチンとキレイにしたい場合は、ディーラーや修理工場・板金屋などに依頼する方が良いです。自分で傷が目立ちにくくするには、コンパウンド代だけで済むので安価ですが、業者に依頼すると、高額になる事を想定しておかなければなりません。

信頼出来る業者を見つけておこう

車のバンパーの擦り傷を自分では上手く修理が出来ないと思ったり損傷の激しい大きな傷の場合、修理業者を探しましょう。大手チェーン店の修理業者から町の修理工場や板金屋など沢山あります。複数の業者に見積もりを最初に依頼して、それぞれの金額を把握します。大手チェーン店の修理工場は擦り傷の大きさで値段が決まるようです。明朗会計ではあるものの値引き交渉は難しいようです。ディーラーは外注依頼になるので、最初から高めの金額設定です。こちらも値引き交渉は厳しいです。個人で営んでいる修理工場や板金屋では、値引き交渉がしてもらい易い傾向があるようです。値段も重要ですが、業者によって技術や仕上がりに差が出てきます。信頼できる業者に依頼出来るように評価の高い業者を見つけておきましょう。