バンパーについた擦り傷を修理する際にかかる費用

知っておきたいことは、バンパーについた擦り傷ですが仮に、修理をせずにそのまま放置をしていてもサビが出てこないということです。ドア部分とは素材が違いますので二次被害はでないでしょう。修理する際の費用は擦り傷の範囲や深さ、バンパーの色や付属品の有無によっても金額が異なりますが、車体の他の部分に比べますと比較的費用は抑えられることが多いでしょう。程度によっては数千円から数万円ほどかかる場合があります。また、自社にて修理を行うところと、仲介して修理を依頼する場合でも費用が異なる場合がありますので、確認しておくと良いでしょう。近くだからなど、どこにでも修理を依頼すると金額が高く、修理の程度が悪かった、納期がかかりすぎたなどしますので、数箇所周り相場を確認するとこも大事です。

自動車任意保険での修理と自腹修理が良いのか

バンパーの擦り傷を修理する方法は大きく分けて、2種類あります。1つめは自動車任意保険を適応させ修理する方法と、自腹にて修理をする方法です。自動車任意保険適応の場合は契約内容によっても異なりますが、まずは保険会社への連絡をし、状況を説明しましょう。自動車任意保険を適応させての修理を行った場合、翌年の任意保険料が変動しますので、適応させた場合の翌年の任意保険料の御見積をとることも必要です。修理額によっては自動車任意保険を適応させずに、自腹にて修理を行ったほうが良い場合もありますので、保険会社や修理業者との相談も必要です。保険を適応させて修理を行う場合は保険会社から修理業者を指定する場合もありますので、修理業者の場所や連絡先を確認しておくことも大事です。指定がない場合はしっかりと見極めが大事になってきます。

バンパー修理業者の正しい選別の仕方

一般にはバンパーの擦り傷の修理は板金塗装で行いますが、修理をする方の職人技となりますので、相場金額はありますがお願いする業者によっても多少の金額の差が生じます。近所に修理をする業者があれば話しやすいですが、知らないところに修理をお願いする場合に大切になってくることは、まずは対応の良さやバンパー修理期間中の代車の提供、そして金額面です。対応の良さは擦った箇所の現状をみてもらい、どのような修理が必要かなど詳しく、わかりやすく説明してくれる業者が安心でしょう。修理見積書まで貰うことも大事です。一度バンパーの修理に車を出すと修理範囲によっても異なりますが、数日から数週間戻ってこない場合もあります。その期間の代車を用意できるかどうかもその時で確認しておくといざお願いをするときもスムーズにいくでしょう。