バンパーについた擦り傷の修理費用をお得にする方法

普段、気を付けて運転していても、ついつい道を曲がった時に擦ってしまったり、バックで駐車しようとしていたらバンパーがへこんでしまったり、気を付けていても気が付いたら擦り傷がついていたなんてこともあると思います。そんな時にどうするべきか。小さな傷くらいなら、ホームセンターやカー用品を扱っているお店で道具を買ってきて自分で直そうと考える人もいると思います。しかし、どうしても自分では隠し切れない傷がついてしまった場合はプロにお任せしましょう。街を走行していると、ガソリンスタンドでも傷の修理を行っているところもありますし、お手軽な方法ですとインターネットで検索してみるのも良いでしょう。きちんと信頼のおけるところで直したいと考えるなら、いつも車検をお願いしているディーラーさんに相談してみるのも一つの手です。

バンパーの傷の修理費用や業者の見極め方

バンパーの擦り傷を治してくれる業者を探すとき、まず気になるのは価格だと思います。もちろん傷の程度によって修理費用は異なりますが、平均で2万円から5万円ほどかかります。なぜそんなに差があるのかというと、治し方にもいくつか方法があるのです。バンパーを外さないでそのまま修理できるのであれば、1万円以内におさまることもありますが、バンパーに傷だけではなく凹んでしまっている時にはバンパーを外さないと修理できない場合があり、そうすると少し金額があがってしまいます。これらのことをふまえて、業者さんを探すとき、何を優先するのかよく考えて選びましょう。安くても腕の良し悪しは異なります。金額に応じて腕もよくなるとも考えられますので、どの程度のお金でどれくらい綺麗に直したいのか、自分の希望と価格や仕上がりをよく考えて業者を選びましょう。

少しでもお得に修理するためには

ディーラーに頼むと高い、かといって格安のお店に頼むのは心配といった悩みが出てくるときは、まず一般的な価格のお店を選ぶと良いでしょう。小さな擦り傷でも大きな擦り傷でも、お金がかかってしまうことには変わりありません。少しでも安く修理してもらうためのポイントがあります。バンパーの修理を依頼する前に必ずお店の広告やキャンペーン、ホームページ等をチェックしましょう。中にはインターネット割引を行っているところもあれば、平日割引、代車不要にすれば割引されるなど、様々な値引きが行われています。これらはどこの業者でもやっているわけではありませんので、要チェックです。一番安くしようと思えば、よく聞くDIYでホームセンターから材料を購入してきて自分で治すという方法もあります。インターネットにバンパーの修理方法の動画も載っているので、手先の器用な人は自分で挑んでみるのもいいかもしれません。