バンパーについた擦り傷を修理する会社の探し方

バンパーについてしまった擦り傷を修理しようと思った時、修理業者をどのように選べば良いのか悩む事もあるかと思います。バンパー交換では10万円程かかってしまいますが、板金塗装であれば修理費用も安く抑えることができます。安く抑えられたとしても数万円はかかる業者がほとんどです。修理をする際は通常ディーラーにお願いする事を思いつきますが、ディーラーでは別の修理工場と契約をして修理を行う事があり、修理代が他と比べ高くなってしまう傾向があります。個人の修理業者の場合は、ディーラーの修理に比べ技術料や人件費を考えたとしても安く済む事が多い傾向にあります。最近では個人の修理業者もホームページを作成している所があったり、フランチャイズの業者もあるので、作業工程や料金などをインターネットで下調べをしてみると料金比較ができます。

バンパーについてしまった擦り傷を修理する際の料金相場はどのくらいか

車に擦り傷がついてしまった時、修理をするのに料金相場がどのくらいなのか気になってしまいますが、傷の場所によって修理費用の違いが出てきます。傷の範囲を10㎝四方内の擦り傷とします。バンパーの修理をする時、バンパーにはフロントとリアの2種類があり、それぞれ若干ですが修理費の差がでてきます。フロントのバンパーの場合、1万3千円くらいから2万5千円ほどになります。リアバンパーの場合は1万5千円から2万5千円程になります。擦り傷といっても、範囲が広かったり、傷が深い場合などは修理工程なども増えたりするので費用もアップしてしまいます。また、特殊塗料を使用している時などや色が特定できない時など、個人の修理業者では受付してもらえない事もあるので、こういった場合は販売元に直接依頼する事をオススメします。

バンパーの擦り傷修理を依頼する時の依頼先のメリットとデメリット

バンパーの擦り傷修理をする際にディーラーや個人の修理業者、フランチャイズなどを利用する事になりますが、それぞれメリットとデメリットがありますので比較して選ぶ事が大切です。修理費用が高い傾向にあるディーラーですが、綺麗に仕上がったり信頼性が厚い事もあり、完璧に治したい方にはオススメです。純正部品を使用してもらえて修理以外の部分も見てもらえます。デメリットとして見積もりに料金が必要であったり修理費用が高い事があげられます。フランチャイズのメリットは見積もりを無料でだしてもらえて修理費用が安い事です。デメリットとして修理部分以外は見てもらえず、純正部品を使用してもらえません。個人の修理業者の場合、技術力が高いため綺麗に低コストで仕上げてもらえるのがメリットです。デメリットとして、あまり知らない業者であると不安がついてまわりますし、サービスについても良し悪しがあります。

修理個所が2か所以上の場合は割引。低価格とクオリティー向上を実現します。 日々、徹底的に努力して、板金業界の常識を覆すべく激安に挑戦中! お試し修理価格実施中。初めて利用するお客様限定、バンパーの修理1ヶ所999円。 小さなキズも、大掛かりな修理・板金塗装もこだわりの激安均一料金で補修・修理。 営業時間中に限り、10分以内にお見積もりメールが届かなかったら修理代金から割引。 バンパーの擦り傷、修理は池内自動車にお任せを